不妊治療は痛いというイメージが強いですが、本当にそうなのでしょうか? 結論からいうと、痛い検査や治療もあります。 例えば、不妊治療でよく使用される子宮卵管造影検査を痛いと感じる人も多いです。 特に、卵管が詰まっていたり、癒着があるといった場合だと痛みが強く、検査を受けるのが苦痛に感じることもあるでしょう。 ただ、この検査を受けることによって妊娠しやすい体をつくることができるので、みなさん必死に耐えています。 それに、子宮卵管造影検査に痛みを感じない人もいますから、痛みには個人差があると思ってください。 これは子宮卵管造影検査に限らず、どの検査・治療でも同じで、その人その人によって痛みの感じ方は異なります。 そのため、一概にどの治療が痛くて、どの治療が痛くないというのは明言できません。 痛いと思っていると、さらに痛みが増してしまうといわれているので、できる限り気持ちを落ち着かせた状態で、治療や検査を受けられた方が痛みを和らげることができるはずです。